What was waiting for me was “barely human.”

新予告編ですが、公式Twitterでのお知らせ通りiTunesでも視聴できます。Exclusively on iTunesとあったので限定バージョンなのかな?と一瞬期待しましたが、ワーナーUKがYouTubeで公開してくれたのと内容は同じでした。ただ、こっちの方が高画質かもしれません。

みんな待ちに待っただけあってナポソロコミュニティでも盛んにコメントが行き交っています。リメイクなど認めん!という姿勢の人たちはともかく(苦笑)、概ね好評。ちなみに劇場で予告編を見た人たちによると、ほぼほぼ同じ内容だそうです。私は特にタイトルシークエンスがいいなあと思いました。赤いバーがしゅーっと画面を横切ってふわーっと浮いてる感じがスタイリッシュ!最近ゴテゴテした映像が多いので、かえって新鮮。ナポさんがイリヤを評してbarely humanと言ってるのがウケます。新イリヤはオリジナル以上に堅く、生まれながらのスパイ気質+no-nonsense type of personだそうで、元絵画泥棒で、ホントはスパイなんてやりたくないけど、CIAに脅されて(ってホント「スパイのライセンス」そのままズバリの設定。。。)仕方なーくお仕事してる新ナポさんとは、ソリが合わなくて当然なのです。

1

“簡単なお仕事”って聞いてたのに。。。

3

“人外”野郎(笑)が待ち伏せてた!

5

トランクのフタをひっぺがし。。。

6

逃がした腹いせにブン投げる!

7

なんだアイツ。。。

8

スタイリッシュなタイトルシークエンス!

10

さりげなく歴史のお勉強。

11

宿敵ソ連と共闘せよ、と命じられてこの渋顔。

12

イリヤは割とポーカーフェイス。

13

これはイリヤを睨んでるんでしょうか?

14

やはり互いに敵対心バリバリ?

15

初の手合わせは引き分けだった模様(笑)

16

“I’ll let you tag along.”

17

“This is not the Russian way.”

18

メリケン野郎(失礼)のやり方にはついていけん!てなところでしょうか。首のかしげ方がナポさんっぽい。

21

彼女がvillanなんですねー。

22

Alexander the Greater Affairでトレイシーが冒頭に来てたコートを彷彿とさせます。

23

新イリヤはとにかくデカい。アーミー君の身長は、なんと196 cm!

24

25

「あ、やばい」or「どんくさいアメリカ人め」(笑)

26

こんなシーン、オリジナルにありましたよね。

27

こういう海外用のシグナル拡張器?みたいなのも、何かのエピソードで登場したような。

28

なぜかモデル立ちのイリヤ(笑)

29

トラッキング・デバイス作動!

31

“You’re a terrible spy, Cowboy.”

32

おお〜。カッコいい。フラッシュハイダーがオリジナルのと比べてえらく長いですね。

33

彼女は今、ハリウッドで大注目されてます。

34

「君の新しいコードネームはUNCLEだ」

新予告編ではだいたいストーリーの全容がつかめますね。最近ド派手なアメコミの実写版が席巻しているなか、60年代が設定のスパイモノはむしろ観客の目に新鮮に映るんじゃないでしょうか。ぜひぜひ大ヒットして欲しいです。

Advertisements
Standard